キャロウェイ「ROGUE ST MAXユーティリティ」登場

この記事では2022年3月に発売されます

キャロウェイ「ROGUE ST MAXユーティリティ」

その最新情報をまとめています。ご覧ください

キャロウェイ「ROGUE ST MAXユーティリティ」とは

AI設計のFLASHフェースSS22は、飛びの3要素までも最適化

「ROGUE ST MAXユーティリティ」には、このモデル専用にAIが設計した、フェースカップ構造のFLASHフェースSS22を採用しています。

FLASHフェースSS22は、従来のようにボール初速の向上やターゲットゴルファーの打点位置が考慮されているだけではありません。

今回は飛びの3要素である、スピン、打ち出し角、ボール初速の組み合わせまでも含めた新しいアルゴリズムによってAIが設計し、テスト。よりモデル別、ターゲットゴルファー別の最適化が進んだフェースへとアップグレードされています。

AI JAILBREAK STにより、フェースカップの端までたわむ

ROGUE STユーティリティシリーズにおいても、新たにJAILBREAK STが搭載されました。

ユーティリティでは、フェアウェイウッドとのヘッド形状、フェースの高さの違いを考慮して、三日月型ではなく、フレーム状の形状を採用。

2つがそれぞれヘッド内のトウ・ヒール部に配置されています。これにより、フェースにエネルギーを集中させる効果は維持しつつ、フェースカップの端までしっかりとたわませることが可能となり、ボール初速が最大化。

また、2つの JAILBREAK STによって、トウ・ヒールの慣性モーメントも高まっており、ヘッドの動きの安定性やミスヒットへの強さも向上しています。

プレシジョン・タングステンウェイトをトウ側に配置し、重心をフェースセンターへ

ROGUE STユーティリティシリーズではヘッド内のトウ側に、プレシジョン・タングステンウェイトと名づけられたMIMタングステンのウェイトを搭載しました。

これにより、重心位置はフェースセンターへと配置され、慣性モーメントも高まっています。

もちろん、低重心化にも貢献しており、高弾道を実現。フェース下部でのヒットにも強くなっています。

ややストロングロフト化されたヘッドで、まっすぐ大きな飛びをやさしく実現

「ROGUE ST MAXユーティリティ」は、ボールがつかまるイメージが湧きやすいハイトウ型のヘッドシェイプをしており、ややドローバイアスの設定。

3Hで18°、4Hで20°と、わずかにストロングロフト化もされており、ストレートで大きな飛びを、やさしく可能にするモデルとなっています。

スペック

○:通常在庫 □:受注生産 Ⓛ:左用モデル通常在庫 🅻:左用モデル受注生産
VENTUS 5、Fujikura MC 70 for Callawayは、シャフトカット後の値になります。
※Assembled in China / Japan  ヘッドカバー:Made in China
・GRIP
GOLF PRIDE Tour Velvet 360 ブラック/グレー バックライン無し
VENTUS 5 for Callaway、Fujikura MC 70 for Callawayシャフト装着:約50g,口径60(5717047)
・ACCESSORY
専用ヘッドカバー付:(5521270) HC CG OO ROGUE ST HY 22
仕様、価格は予告なく一部変更する場合がございますのでご了承ください。
カタログで表示する数値は設計値です。実測値が設計値と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
インチ・ミリ換算は、1インチ=約25.4mmです。

キャロウェイ新製品発表会映像(2022年1月12日)

販売価格

メーカーオンラインショップ参考価格

37,620円(税込)〜